第一回 ひこね町屋マルシェ「一五市」開催のお知らせ

更新日:2018年7月26日

第一回 ひこね町屋マルシェ「一五市」 開催が決定します!!

江戸時代より城下町として栄えた旧市街地や主要の街道であった中山道沿いの宿場町の名残を色濃く残す彦根。昔から残る風情ある街並みの中で、新

しいものや人が交わり、それが彦根の新しい文化となっていく、そんな市場「一五市(いちごいち)」を始めます。  市の名称の元になった「一期一会」という言葉は、幕末の大老・井伊直弼が自分の茶道の一番の心得として、著書『茶湯一会集』巻頭で用いり世の中に広めたもの。言葉の意味通り、一瞬一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをお届けする市場に、という願いを込めています。  場所は築約150年の油間屋をされていた町屋。食べ物、布もの、土もの、紙もの、工芸、農産(加工)物など、滋賀のこだわりあるものが集う市場です。皆さまのご参加をお待ちしております。

開催日時:2012年11月17日(土)・18日(日)10時〜16時頃まで


PDFデータ